便秘の原因あれこれ

便秘の原因あれこれ記事一覧

排泄には3段階ある

腸とひとくちにいっても、内臓としては、小腸と大腸にわけられます。腸の調子が悪いからといって、すぐに命にかかわるわけではありませんが、腸には免疫機能があるので、徐々に身体が弱っていくことになります。腸の健康を保つことが長寿につながることが、最近では理解されるようになってきています。ここでは、小腸と大腸...

≫続きを読む

 

内にある便秘の原因、それは食事

便秘の原因としてよくあげられるのが、食物繊維の不足です。ごく普通に食事をしていても、日本人の多くが野菜不足であり、食物繊維の摂取量が減少しているのです。厚生労働省による、平成28年「国民健康・栄養調査」の結果によると、「野菜摂取量の平均値は276.5g、男性が283.7g、女性が270.5g」「この...

≫続きを読む

 

出口付近にとどまる出そうで出ない便秘は腹筋を鍛えて

50代になって初めて体験したのが、肛門の出口付近で便が固まってしまう便秘です。わたしは、40代になってからは運動しないと便秘が解消されなくなったのですが、50代になって父母の介護などもあり、定期的な運動ができない上に、散歩も2週間以上できないという時期がありました。10年近く、定期的な運動と散歩のお...

≫続きを読む

 

食物繊維の4つのはたらき

食物繊維には、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類があります。食物繊維というと、サラダを食べる、という人が多いのですが、野菜を摂りすぎると便が硬くなってしまうことがあります。食物繊維の摂りすぎで、便秘になることもあるのです。ここで、あらためて食物繊維のはたらきを確認してみましょう。

≫続きを読む

 

ダイエット効果大!難消化性デキストリン

難消化性デキストリンは、便秘解消のために飲み始めた、水溶性食物繊維の代替品です。腸活のための5つの習慣水溶性食物繊維は、腸内での発酵性が高いとされています。大腸内で水溶性食物繊維が発酵し、分解されると、ビフィズス菌などの善玉菌が増えて腸内環境がよくなります。また、発酵によって短鎖脂肪酸(酪酸)がつく...

≫続きを読む

 

むくみ腸は腸の血行不良から起こる

「むくみ腸」とは、腸そのものの血流が悪くなり、余計な水分を排出できなくなった状態の腸のことです。腸が血行不良になると、細胞に必要のない水分が滞るために「むくみ腸」になります。次のような症状がある人は、むくみ腸を疑ってみる必要があります。身体を動かすと、すぐに疲れる体温が低く、身体が冷えやすい便秘や下...

≫続きを読む

 

腸が元気になれば免疫力もアップする

免疫には、2つの系統があるのだそうです。ひとつは自然免疫。これは、細胞ひとつひとつに備わったものであり、腸は自然免疫のかたまりです。テレビ番組などで紹介されるような免疫は、進化した生物の、白血球による防御機能による獲得免疫なのです。獲得免疫とは、T細胞とか、マクロファージとか、身体に入ってきた異質な...

≫続きを読む

 

免疫機能を作り出す腸内細菌

腸内環境は、食事、腸管機能、腸内フローラの3つの要素で構成されています。腸内フローラは、腸内環境のひとつの要素であり、腸内環境のことではありません。大腸の壁の内側にはひだがあります。このひだのなかに、腸内細菌がすみつき、フローラ(細菌叢)という群れをつくります。フローラに住む腸内細菌は、食事の栄養分...

≫続きを読む

 

免疫力がアップするとやる気につながる

そもそも腸活は、便秘を解消するために、はじめたことでした。最初は、食生活を見直したり、生活に適度な運動を取り入れたりするところからはじめました。しかし50代になって、今までのアプローチだけでは便秘を解消できなくなってきました。そこで取り入れたのが、難消化性デキストリンや茶麹であり、EMSマシンでした...

≫続きを読む

 

腸活のための5つの習慣

さまざまな経験をして、いろいろと学習してきた結果、現在わたしが実践している腸の活性化のための5つの習慣を紹介します。この5つの習慣のどれかひとつが欠けても、快適な便通は実現しません。あくまでも50代のわたしにとって、必要な習慣ですので、年齢や性別、身体の状態によっては、必要のない習慣もあると思います...

≫続きを読む