便秘外来に行く前にためしたい10の方法

発酵食品がなぜ便秘に効くのか?

発酵食品は、腸内環境を整えてくれます。

 

発酵食品に含まれる乳酸菌は、腸内を弱酸性にすることで、悪玉菌の増殖を抑えます。

 

ぬか漬けやキムチ、味噌などは、植物性乳酸菌を多く含む食材の代表です。

 

動物性乳酸菌の主な食材には、ヨーグルト、チーズなどがあげられます。

 

特にビフィズス菌は、整腸作用が高いため、便秘にも有効とされています。

 

クリニコ 介護食(健康サポート) ビフィズス菌末BB536 641620【×5セット】

 

植物性乳酸菌がおすすめ!

発酵食品とひとくちに言っても、もっとも便秘に良い発酵食品は、植物性乳酸菌を含んだ発酵食品です。

 

免疫力をアップさせる乳酸菌

 

植物性乳酸菌とは、植物が発酵してできた乳酸菌のこと。

 

ぬか漬けやキムチなどに多く含まれています。

 

植物性乳酸菌は、漬物を想像すればわかりますが、強い塩分のなかでも生きていることができる乳酸菌です。

 

そのため、乳酸菌が生きて腸に到達します。

 

ヨーグルトなどにふくまれる動物性乳酸菌は、胃酸で死滅してしまいます。

 

死んだ乳酸菌でも、腸内細菌のエサとなるので、食べないよりは食べたほうが良いのですが、ダイレクトに腸内環境を整えてくれるのは、植物性乳酸菌なのです。

 

ディアナチュラスタイル 48種の発酵植物×食物繊維・乳酸菌 240粒(60日分)
by カエレバ

 

そのキムチやぬか漬けには生きた乳酸菌がはいっていますか?

植物性乳酸菌は、漬物などに豊富ですが、そこに生きた乳酸菌は、本当に含まれているのでしょうか。

 

スーパーなどで購入してキムチを食べている、ぬか漬けも好き、という方は要注意です。

 

なぜなら、スーパーで売られている発酵食品には、味が変わらないようにと保存料が含まれていたり、乳酸菌そのものも殺菌されてしまっている場合が多いのです。

 

発酵食品とは、発酵が進めばガスが発生します。

 

スーパーの店頭で、発酵食品の爆発が起こっては困るため、発酵が止められています。

 

そのため、植物性乳酸菌が生きた状態の漬物や味噌などは、店頭に並んでいないといっても良いでしょう。

 

植物性乳酸菌は、ぬか漬けなどに含まれているように、本来は手作りできるものです。

 

本当に便秘外来に行くことを検討しているのであれば、植物性乳酸菌を含んだ漬物を、自分で作ることも考える必要がありそうです。

 

1日10分の自宅療法 おなら体質改善14日間プログラム